忍成修吾 米のキャンプ地で「熊」に襲われかけ…

印刷

   俳優の忍成修吾が、2009年4月22日、旅先の米・カリフォルニア州での貴重な体験をつづっている。

   この日は世界遺産にも登録されている「ヨセミテ国立公園」で友人たちとキャンプ。「大自然の中、こんな景観でキャンプするのは生まれて初めて」と感動した様子。ただ、受付である注意を受けたという。食料、シャンプー、化粧品など「匂いのするもの」はテント前にある「ベアボックス」に入れないと、熊が襲ってくるというもの。

   その後、「予想外に充実」していたというパビリオンでの食事に満足し、テントに戻って就寝することに。「疲れてた」ため「すぐに寝れました」という。

   しかし、夜中に喉が渇いて目が覚めてしまった。テントを出て「ベアボックス」に入れたジュースを飲む。外は「自然の音だけが聞こえ空はめちゃくちゃ星が綺麗」で「改めてすごい所に来た」と実感したそうだ。だが、近くで「ガサッ…」という音に振り向くと「くまぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!」。なんと目の前に熊が出現したそうだ。全力でテントに逃げ込み、匂いのするジュースの蓋をかたく閉めた忍成。熊はテント前を「のそのそと」通っていったという。

   あまりの「恐怖」に寝ていた友人たちを起こし、一部始終を説明すると「爆笑されました」と悲しそう。ただ、「危機一髪でしたがかなり貴重な体験が出来ました」と、驚きの体験にも自然を満喫している様子だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中