サザン桑田の他局ネタ 「死亡ドッキリ」よりハラハラ

印刷

   <桑田佳祐の音楽寅さん>今回紹介する番組はフジテレビ系列で放送される「桑田佳祐の音楽寅さん~MUSIC TIGER~」。サザンオールスターズの桑田佳祐とユースケ・サンタマリアの2人が毎回色々な企画を行うバラエティ番組で、レギュラー番組としては8年ぶりの復活である。

   番組が始まると突然追悼の文字が現れ、桑田の死を思わせるような演出が続いた。佐々木恭子アナ、ユースケ、桑田の事務所の後輩の岸谷五朗の3人が喪服で出演し、本物の追悼番組のような演出をしていたが、突然虎の着ぐるみを着た人物が闖入し、また岸谷とユースケが笑いを堪えていたため、ドッキリだとわかった。しかし着ぐるみの人物、桑田が顔を見せても、あくまで桑田は見えない設定らしくずっと無視されていた。桑田がThe Beatlesの「Yesterday」の替え歌「犬捨てたでぃ」を歌い終わったとき、ようやくユースケから「カット」という言葉が出て、ネタばらしとなった。このような演出には賛否両論あるかもしれないが、破天荒な行動が桑田の魅力であり、初回から桑田らしさが出ていてよかったと思う。

   番組後半のRock' n' rollライブでは間奏中に「日テレゴー!ゴー!」という合いの手を入れていたが大丈夫なのだろうか。まぁこんな型破りなところが桑田の魅力であり、次は何をやるんだろうと期待させる要因でもある。

   第1 期では様々な企画で視聴者を楽しませてくれた音楽寅さん、今回も大いに期待できます。

とろろ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中