草なぎ剛「地デジ・キャラ」続けるべき 勝谷が示したその理由

印刷

   <テレビウォッチ> 草なぎ剛(34)の謝罪会見を振り返り、スタジオ陣がコメントを加えた。おおむね好意的だったが、加藤浩次は「あれだけ謝って反省しているし、僕個人としては戻していいと思う」と最も寛大。

戻していいと思う

   勝谷誠彦は「日本人の知恵の見せ所」と切り出し、「地デジのキャラクターを続けてください。なぜかというと、あれを全部、廃棄すると数十億円の税金がムダになる。日本人のほとんどは多分、これでもういい、そんなことでまた何十億円ムダにしてもらうよりは続けてもらっていい、と思っているだろう」「そのかわり、草なぎくんはギャラを全部、辞退しなさい。社会貢献として地デジのためにやる。三方一両損ですよ」と、鳩山邦夫総務相の『切り捨て措置』に異を唱える。

   打ち上げの酒席で一緒だったことがあるという三船美佳は「スタッフ、キャストに気を使って座を盛り上げる気さくな方。草なぎさんの人柄はみんな分かっているので、赤坂署を出るところなど、もっと守ってほしかった」と言う。警察に配慮を求めているのだろう。

   テリー伊藤は「記者会見が早目でよかった。見ている方も判断できたろうし、なるべく早く復帰させてあげればいい」と、ほぼ加藤と同意見。

   橋下大阪府知事、舛添厚労相、石原東京都知事など、ふだん忌憚ない物言いをする人が同情を寄せていたのが今回は目立った。復帰は案外、早いかもしれない。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中