豚インフル個人対策 した方がいいか必要ないか

印刷

   <テレビウォッチ> 世界各地に感染が拡大中の豚インフルエンザ。これはすなわち恐怖の新型インフルエンザ生誕を意味しているのか? 本日(4月27日)のとくダネ!の情報では、まだ「?」マークが取れない段階のようだ。「一番問題なのは……」と痺れを切らしたように小倉智昭キャスターが言う。「日本国内で感染者が出るかどうか」

これぐらいした方が…

   専門家のゲスト、医学博士で元国立感染症研究所員の岡田晴恵は「国内にウィルスが入ってきて、流行する可能性は高い(と個人的には思う)」

   そこで番組では豚フル対策のご紹介。「なるべく出歩かず、お家にこもれるようにしていただきたい」(岡田)とのことで、備蓄品リストがズラリ。マスク(1人50枚)、米・レトルト食品・缶詰が2か月分。飲料水1日1人2Lなどなど。

   「このくらい用意しておけば、万全なのかもしれませんが……なかなかそうもいかない」とオグラ。「準備しておくにこしたことはないので、そうお考えの方はこれぐらいした方が良いのかもわかりません」

   オグラはまるで備蓄品を用意するつもりがなさそう口ぶりであった。とにかくキャスターと専門家の危機意識にはズレが感じられた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中