クレオパトラの墓なのか? 「数週間のうちに結果公表」

印刷

   <テレビウォッチ>若一光司と赤江珠緒が紹介する「世界びっくりニュースウォッチ」。エジプトから、クレオパトラの墓が見つかるかも知れないというお話。

客観的な物証が…

   エジプトの考古学者、ザヒ・ハワス博士が、「クレオパトラと愛人のローマの将軍アントニウスの墓を発見した可能性が高い。21世紀で最も重要な発見になるかも」と、近く発掘に着手すると発表した。

   場所はアレクサンドリアの巨大神殿跡。3年前からのエジプト・ドミニカ合同で27基の墳墓から10体のミイラ(うち2体には金箔)と、クレオパトラを写したとおぼしき石像の頭部と22枚のコイン、アントニウスのマスクらしきものを発掘した。

   さらに、神殿の地下25メートルに複数の空間があることが判明して、これが「2人が葬られた場所としては完璧」(同博士)というのだ。

   絶世の美女として知られるクレオパトラは、18歳でプトレマイオス朝「最後の女王」になり、ローマの将軍カエサルやアントニウスをとりこにした。しかし、紀元前30年ローマのオクタビアヌスに攻められて、アレクサンドリアで自殺したとされる。

   しかし墓は見つかっていない。はたして世紀の大発見となるのかどうか、というわけだ。

   ところで、クレオパトラは本当に美人だったのか。反論は結構あって、まだ生きているうちに発行された銀貨(CLEOPATRAの銘)の浮き彫りはあまり美人でない。また、史実をもとにCGで復元した顔というのもいまひとつ。

   しかし、ハワス博士は自信満々。「墓があれば遺体も見つかる。数週間のうちに結果を公表できるだろう。クレオパトラが美女だったことも証明されるに違いない」と。

   みんなワイワイいってる中で大沢孝征が、「犯罪捜査と一緒だね。美女かどうかも、客観的な物証が出てくれば判断できる」

   若一も「ミイラ的に残っていれば、相当事実に迫れますね」

   まずは墓がそこにあることを祈ろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中