ハンバーグの中から顔出した おお!の高級食材とは!?

印刷

   たまーに食べたくなる洋食屋の味。お昼時や夕食時、ふらふらと立ち寄った洋食屋さんで目にする定番メニューはどれもこれもおいしそう。お皿の上で輝くオムライスやエビフライ……でもでも! やっぱり忘れてはいけないのが「ハンバーグ」だ!今回は、子供からお年寄りまで幅広い世代から愛されるハンバーグの「今」を徹底特集しちゃいます。

   レポーターのおおつか麗衣と福井仁美が訪れたのは、港区白金にある「有機野菜と洋食の店  快簇船(かいぞくせん)」だ。ここで絶品ハンバーグを作るのは、有名な老舗洋食店「資生堂パーラー」で副料理長を勤めたこともある志村シェフ。さて、ここでは一体どんなハンバーグが登場するのだろう?

フォアグラだ!

肉汁たっぷりのハンバーグと…
肉汁たっぷりのハンバーグと…

   2人の前に現れたのは、一見するとごくごく普通のハンバーグ。しかし中から出てきたのは……

   福井「フォアグラだ!」

   そう! あふれ出る肉汁と共に中から顔をのぞかせたのは、なんと高級食材のフォアグラ! フランス産のフォアグラを贅沢にも分厚く切り、ソテーしたあとでハンバーグのタネで包み込みじっくりと焼き上げる。ジュージューといい音を立て、こんがりと焼き色がついたハンバーグは見ているだけでお腹が鳴ってしまいます!

   おおつか「味に深みがあって、全然しつこくない。おいしい~」

   さらにハンバーグのおいしさに磨きをかけているのが、自慢のデミグラスソース。香味野菜や牛のスネ肉などを36時間かけてじっくりと煮込んだデミグラスソースは、うま味がしっかり閉じ込められていてそのまま食べてもおいしそう。そんなデミグラスソースを存分に味わいたい人には、和牛ほほ肉をじっくり煮込んだ絶品ハヤシライスもおすすめなんだとか。

   番組で紹介された以外にも何かおすすめはありますか? とお店の方にあらためて話を聞いてみると、こちらのお店では特に「有機野菜」にこだわりを持っているそうで、およそ30種類もの有機野菜料理が均一680円で味わえるという。「お腹に重そう」というイメージが強い洋食だが、野菜をたくさん食べることでそんな心配もすっきり解消!

   ハンバーグも有機野菜もお腹いっぱい楽しめる洋食屋さん、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょう?

じょん

*TBS系「王様のブランチ」(2009年4月25日放送)

<有機野菜と洋食の店  快簇船(かいぞくせん)>
港区白金1-2-3   スカイコ-トクロス麻布B1
tel.03-3473-7230
(営業時間)
ランチ  11:30~15:00(ラストオーダー14:30)
ディナー 18:00~23:00(ラストオーダー22:00)
定休日:不定休

(気になるメニュー)
有機野菜の料理(30種) 各680円
本日のおすすめタジン 1800円

●紹介された他のお店
<モテなし>
渋谷区道玄坂1-17-11  ミナミビルB1
tel.03-5458-8166
(気になるメニュー)
馬肉ハンバーグ 950円

<GINZA ORIKASA>
中央区銀座4-3-2  銀座橋ビル5F
tel.03-3535-8848
(気になるメニュー)
ランチコース 2940円
                  4200円

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中