中野美奈子に「さすが医者の娘!」 その鋭い分析とは

印刷

   <テレビウォッチ> 「そんなことって信じられます?」と小倉智昭キャスター。医師を騙ったバス運転手が、医院の開業資金に――と偽って、知人から4000万円をだまし取った容疑で逮捕された。

信じられます?

   3年半の間、この容疑者と結婚生活を過ごしていた看護師の妻も、夫は医者だと信じ込んでいたのだという。いわば医療のプロの看護師が医療に従事したこともない男を医者だと信じるものだろうか。オグラには疑問なのだ。

   そこで中野美奈子アナが言うことには「医師には守秘義務があるので、家のなかでは仕事のことを話さなかったのが、よりリアリティがあったんじゃないですか」

   その途端、「さすが医者の娘!」と叫ぶオグラ。「それはそうだな。病院のことあまり話しちゃいけないんだと言ったら、奥さん信じざるをえないのかも分かりません」

   もう1人のお供である笠井信輔アナの意見はほとんど受け付けないオグラだが、『医者の娘』の言うことはすっかり腑に落ちたようだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中