こんなジイさんになりたいもんだ 男の厳しさと優しさとは(グラン・トリノ)

印刷
(C)2009 Warner Bros. Entertainment Inc. and Village Roadshow Films (BVI) Limited. All Rights Reserved.
(C)2009 Warner Bros. Entertainment Inc. and Village Roadshow Films (BVI) Limited. All Rights Reserved.

   <グラン・トリノ>妻に先立たれた朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は、その頑固で偏屈な性格から家族にも敬遠され、アジア人街となった通りで孤独な隠居生活を送っていた。ある日、そんな彼が大事にしている愛車グラン・トリノを隣家に住むモン族の少年タオ(ビー・バン)が盗みに入るが、それをきっかけにウォルトとタオ一家との交流が始まっていく。

   朝鮮戦争の過酷な過去に苦しめられ家族にも煙たがられる老人と、内気で早くに父親を亡くした少年は、互いの足りないものを補い合うように親しくなっていく。その過程は軽妙で、ウォルトがタオに大工仕事やかっこいい男の生き方を教えたり、パーティーに招待されたウォルトが異なる文化に戸惑ったりする様は、ゆっくりとした雰囲気と暖かい眼差しで綴られていく。

   80歳目前になったクリント・イーストウッドの演技ともおぼつかないよたよたの動きが、この上ないリアリティをもたらし、怒ったときに出る唸り声や、気に入らないときにつばをはき捨てる癖などが、古いアメリカ人の威厳と哀愁を漂わせる。そして、ウォルトの愛車グラン・トリノの重厚でよく整備された車体は、車をよく知らない人も惹きつける美しさを持っている。それは孤高の老人と、古きよき時代のアメリカの誇りともいえる。

   悪漢たちに苦しめられるタオ一家のために立ち上がるウォルトは、昔ながらの西部劇を想起させる。しかし、ウォルトは無敵のガンマンではなく、元軍人とはいえ己の死期を悟った老人である。彼が取った方法は哀しくも潔い。ウォルトとタオ一家の交流の末に起こる事件とその顛末は、悲劇的でありながらも優しさを感じる。見終わった後の何とも言えない心地よさは、この映画の秀逸さを物語っている。

ジャナ専 ぷー

   オススメ度:☆☆☆☆

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中