中居クンのお陰? 私が「家電通」になれた理由

印刷

「中井正広のブラックバラエティ」(日本テレビ) 2009年4月26日 22時30分~

   先週に引き続き、この日のテーマも「最新家電 ブルーレイ」。家電芸人として知られる土田晃之が家電オンチの中居正広、石原良純、鈴木紗理奈に「ブルーレイ」がどういうものかを説明するのだが、これがもう幼稚園児に数学を教えるくらい大変で一向に進まない。自宅のテレビは10年前に買ったもので、DVDは再生専門で、録画する時はいまだにVHSデッキを使っているという中居。そんな中居に「ブルーレイ」がなにかを説明するだけでも至難の業だ。
   CD、DVD、ブルーレイのディスクを並べて、どれがブルーレイか? というところから始まるのだが、ここで早くもつまずく3人。「ディスクがブルーだからブルーレイではなく、レーザー光線の色がブルーだから」と咬んで含めるように教えてもなかなか理解出来ない。その後、DVD録画とブルーレイ録画の映像を見比べ、映像の美しさを確認したところで、次はブルーレイ内臓テレビAQUOSについての学習へ。「シャープって何? AQUOSって何?液晶は何?」と疑問だらけの3人に、土田は「シャープは会社でAQUOSはユニット名。シャープがジャニーズでAQUOSがSMAP」という喩えを用い、なんとか理解させることが出来た。
   一事が万事この調子なのだが、お陰で見ているこちらはすっかりハイテク家電通になった。バラエティでもたまには役に立つことがある。

(白蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中