しょこたん 巨大クリオネに驚愕「キモスゴスwww」

印刷

   「しょこたん」こと中川翔子が2009年5月4日のブログで、飼育中のクリオネについて書いている。クリオネは北海道のオホーツク海沿岸に流氷とともに現れる海洋性生物で、羽根を広げたような姿でスイスイと泳ぐ様子から「流氷の天使」と呼ばれている。

   中川は2月末からクリオネの飼育を始め、現在はクリオネ専用水槽で複数匹飼っている。この日は、専用水槽を中川に貸してくれた知人から、オホーツクに流れ着いたばかりだという「今年のクリオネ」が送られて来た。

   「びっくりしました、ありがとうございます」と喜ぶも、

「しかし でかwwwwww」

   送られて来たクリオネは、これまで中川が可愛がってきた比較的大きめのクリオネ「としお」が小さく見えるくらい巨大だった。「4・5センチクラス」とのことで、「なんじゃこらww」「キモスゴスww」と驚愕している。

   その後、「どうぶつ奇想天外!」で一緒だった動物学者、千石正一に確認してみたところ、「そいつは洋モノだ」と言われたという。

「すごすぎる…
サンシャインにもこんなでかいやついないぞ!!!!」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中