櫻井翔のための見せ場 どうして「監禁」されてるの?

印刷

   <ザ・クイズショウ>私はクイズが好きである。昔、このドラマと同じ日本テレビの「アメリカ横断ウルトラクイズ」に2回も出場したが、成田までも辿りつけなかったという暗い過去をもつ女である。用意したパスポートも、ジャンケンの練習も、早押しの訓練も、すべて無駄だったという悲しいさだめに泣いた女である。で、「ザ・クイズショウ」である。

   4択の出題方式、「奥義」と呼ばれるヒントの出し方。そう、みのもんたの「クイズ$ミリオネア」そっくりである。「クイズ$ミリオネア」の原型は、ずいぶん前にロンドンに住む人から「人気番組で面白い」と聞いたが、それからまもなく日本版が始まった。あちこち世界中に広まり、庶民の夢を集めて大人気のようだ。

問題出しながら悪事暴く

   今(2009)年のアカデミー賞映画「スラムドッグ$ミリオネア」もこれが基になっている。インドのスラム街の少年が勝ち上がっていくという映画だが、日本では「ホームレス$ミリオネア」は成り立ちそうにない。初期には一般人が出場していたが、いつの間にか芸能人・有名人しか出場しないようになってしまったからだ。そう言えば、クイズ番組は今も多いが、同じ顔ぶれのタレントがひな壇に並び、同じような問題に解答するだけで、もう飽きた。日本では、一般人回答者では視聴率が取れないのか?

   みのもんたに相当するのは、櫻井翔扮するMC神山である。回答者は、なぜか「ご招待」を受けた者ばかり。7問正解すると1000万円の賞金、さらに何でも夢をかなえる「ドリームチャンス」に挑戦することができる。神山が問題を出しながら回答者の隠された悪事を暴いていくのが、みのもんたと違うところである。

   各回に登場する回答者役はなかなかの演技派揃い。第1話、落ち目のロック歌手役の哀川翔もなかなかよかった。ギンギラの衣装で、「チブ 恥部 CHIBU チブ 恥部 恥部 CHIBU、イニシアチブ 俺! イニシアチブ OLE!」と歌うと、「これじゃビッグにはなれないが、もしかしたらマニアックなファンがつくかも」と思わせるものがあった。さすが、アニキ!

   じつは神山を操っているのはディレクターの本間(横山裕)である。本間は神山を、仕事時間以外は病院みたいな監獄みたいな真っ白な部屋に監禁している。そこでは、神山は白い寝巻きを着せられ、悪夢におびえているのである。本間と神山の関係が謎だが、徐々に明らかになってゆくようだ。陽気で鋭い司会ぶりと、震えながら頭を抱え呻吟する対照的な姿。桜井くんのための見せ場だね。それから横山くんも、やせてよかったね。クールな二枚目役ができるようになって。

   3話まで見たら、クイズで悪を暴く手順が毎回同じなので、ちょっと「もう、いいや」感もあるが、「監禁の謎」が気になって見てしまいそうだ。その意味では、1話完結型とストーリー連続型をうまく組み合わせたと言えるかもしれない。                              

カモノ・ハシ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中