新型インフル「狼少年」状態? 小倉「もうダマされないぞって…」

印刷

   <テレビウォッチ> 新型インフルエンザについて「いろいろなことが分かってきた」と小倉智昭キャスター。「むしろ、従来型のインフルのほうが症状が重いんじゃないかって(~略)」

夏の間は、そんなに…

   オグラによれば、新型の感染が広がり、世界中で2500人発生――というが、従来の季節性インフルエンザは日本国内だけで17万人いる。タミフルなどのインフルエンザ薬も効くし、暑くなってウイルスも弱まっていく季節だ。「(これからの)夏の間は、そんなに心配することもないのかな」というのがオグラの「素人考え」(本人談)である。

   それ故に、新型と従来型の取り扱いの差が腑に落ちない。季節性インフルエンザでホテルごと強制的に隔離したり、保健所に通報したりしない。なぜ新型だけ? 感染を重ねるうちに変異して強くなる恐れがあるというが、普通のインフルエンザだって変異するのではないか。

   「『(新型)恐い、恐い』じゃあ、もうダマされないぞって気持ちになってきちゃう」。WHOはともかくとして、オグラと番組による新型のフェーズは日に日に下がっているようだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中