松たか子 「ラ・マンチャの男」で「お待ちしております」

印刷

   女優の松たか子が2009年5月7日のブログで、1日より公演中の舞台「ラ・マンチャの男」について書いている。

   ヒロイン役の「アルドンサ」役を演じている松。今回は大阪と富山での公演で、「アルドンサで大阪に行くのは初めて、富山に行くのはこの作品全体の歴史において初めてです」と少し感慨深げ。そしてそれぞれの劇場での思い出をつづっている。

   大阪の「シアターブラバ!」は06年2月の「贋作・罪と罰」公演以来だというが、そのときは舞台で「汗がスーッとひいたことを思い出す」ほど寒い時期の公演だったという。ただ今回は「爽やかな5月!」ということで「久々の長期滞在を楽しみたいと思います」。富山の「オーバードホール」は「コンサートで伺ったことはありますが、大阪とはまた趣の異なった大きな会場」とのこと。富山では3日間の公演だそうだが、「ラ・マンチャがその空間にどんな風に出会うのか、今からドキドキ楽しみにしています」と期待している様子。最後は「いい公演になるように頑張ります。お近くの方は是非!劇場でお待ちしております」と気合のこもったメッセージで締めくくっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中