2018年 7月 23日 (月)

紳助に頼りすぎ フジ新番組の死角とは

印刷

   <テレビウォッチ> フジテレビの新番組「ホンネの殿堂!! 紳助にはわかるまいっ」。島田紳助のわきにネプチューン名倉潤と皆藤愛子がついて司会を務める。

   様々なアンケート結果をクイズにして、チーム対抗で答えていく。そこに紳助のトークを絡めて…というつくりだ。アンガールズやつるの剛士、関根勤、ウエンツ瑛士、里田まいらが出ていた。どうもヘキサゴンなんかの2番煎じ感が漂う構えだ。

   問題は、出産のとき夫に側にいてほしいかどうかとか、覗かれてイヤなのはケータイと裸とではどっちかと女子高生に聞いたとかいったものだ。これをチーム全員で場所を移動して答えたり、ピックアップメンバーが答えたりしている。どうも落ち着きがなく、どういう状況なのか分かりにくい。あるコーナーではバックに5、60人の視聴者が座っていたのに、別のコーナーでは全然いない、という不自然なところも目についた。

   紳助のしゃべりに寄りかかって何とかしてね、と丸投げした感じで、番組の企画としては独りよがりだし、十分に消化できていない。企画を煮詰めてないので、紳助を生かし切れていない。これではプロトタイプにもなっていない。フジとしては珍しく頭でっかちでこなれていない番組だ。

      2匹目を 狙ってすべる ずってんどう(殿堂)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中