紳助に頼りすぎ フジ新番組の死角とは

印刷

   <テレビウォッチ> フジテレビの新番組「ホンネの殿堂!! 紳助にはわかるまいっ」。島田紳助のわきにネプチューン名倉潤と皆藤愛子がついて司会を務める。

   様々なアンケート結果をクイズにして、チーム対抗で答えていく。そこに紳助のトークを絡めて…というつくりだ。アンガールズやつるの剛士、関根勤、ウエンツ瑛士、里田まいらが出ていた。どうもヘキサゴンなんかの2番煎じ感が漂う構えだ。

   問題は、出産のとき夫に側にいてほしいかどうかとか、覗かれてイヤなのはケータイと裸とではどっちかと女子高生に聞いたとかいったものだ。これをチーム全員で場所を移動して答えたり、ピックアップメンバーが答えたりしている。どうも落ち着きがなく、どういう状況なのか分かりにくい。あるコーナーではバックに5、60人の視聴者が座っていたのに、別のコーナーでは全然いない、という不自然なところも目についた。

   紳助のしゃべりに寄りかかって何とかしてね、と丸投げした感じで、番組の企画としては独りよがりだし、十分に消化できていない。企画を煮詰めてないので、紳助を生かし切れていない。これではプロトタイプにもなっていない。フジとしては珍しく頭でっかちでこなれていない番組だ。

      2匹目を 狙ってすべる ずってんどう(殿堂)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中