宝塚のタブーに触れた? チュート徳井の爆弾質問

印刷

「バラエティーニュース キミハ・ブレイク」(TBS) 2009年5月5日 19時55分~

   この日は「宝塚のすべてがわかる120分 初潜入!女性だけの世界」ということで、創立95周年の宝塚歌劇団を特集していた。宝塚は雪・月・花・星・宙の5組で構成されており、今回はその星組男役トップスター安蘭けい(あらんけい)のサヨナラ公演を軸に、なぜ宝塚が人を魅了するのか?を検証していくものだった。千秋楽に8000人ものファンが劇場前に集結し安蘭を見送る姿は圧巻。また、スタジオには雪組の生徒(宝塚では出演者を生徒と呼ぶ)が集合し、宝塚ファンを自認する岡江久美子、V6坂本昌行らとともに知られざる秘密について語りあっていた。
   とにかく、番組が宝塚=素敵という憧れ目線で作られているので興味のない視聴者にしてみればついていけないなあという感じ。アニメ声優と秋葉原のオタクたちの関係と似たようなものではと思うが、口が裂けてもそんなことはいえない雰囲気だ。そんな中でMCのチュートリアル徳井が「男役の人はメンズを着ているのはわかりましたが、パンティのほうは?」という質問を投げかけたのは面白かった。もっともその質問の後、すぐにCMに入り、何事もなかったことのようにされてしまったが……。
   開かれた宝塚をアピールするために番組出演を承諾したのだろうが、夢の世界、憧れの宝塚というイメージを守りたければこういうバラエティに出演するのは危険過ぎる。百害あって一利なし。

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中