エコポイント「大丈夫?」 「もっと分かりやすければ…」

印刷

   <テレビウォッチ> 政府が推進しようとしている「エコポイント」に、スタジオ陣から疑問の声が噴出した。エコポイントとは、省エネ性能に優れたエアコン、冷蔵庫、地デジ対応テレビを新たに買えば、最高で、それぞれ9000点(9000円相当)、1万点、3万6000点のポイントをもらえる制度。

だまされてはいけない

   西村綾子リポーターの説明によれば、その目的は(1)省エネ家電の購入促進 (2)経済の活性化 (3)地デジ対応テレビの普及とのことだが、ポイントを使ってまた何か買ってほしいとの狙いだろう。

   それはともかく、今週金曜日(5月15日)スタート予定なのに、ポイントの取得手続き、使い方など不明な点が多いという。荻原博子(経済評論家)は「もっと分かりやすい方法でやれば、よし、消費しようという気持ちになるかもしれないけど……」と話す。いま一つスッキリしないのは「具体的な内容が決まるのは補正予算が成立してから」(ナレーション)のため。

   加藤浩次に「見切り発車する理由は?」と尋ねられた江田けんじ(衆院議員)は「補正予算が成立するまでの買え控えを抑えたい、と政府は考えているのだろう」と答えたうえで、「このままだと、買ったはいいけど、大丈夫なの? と不安になる。制度設計をしっかりしてもらわないと、消費者に自己責任でやれ、となってしまう」と批判する。

   テリー伊藤は「今あわてて買う必要はない。来年になれば安くなりますよ」と言い、さらに怒りの矛先を補正予算に向けて「バラマキが一番、問題だ。14兆円といえばとんでもない額。2年後、消費税は確実に上がりますよ。だまされてはいけない」とまくし立てた。

   いずれにしても、「エコポイント」は、しばらく様子をみたほうが賢明なようである。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中