「謎」多い蟹江町一家殺傷 ワイドショーの推理は…

印刷

   <テレビウォッチ>愛知県蟹江町の自宅内で、会社員の女性と次男が殺害され、3男が怪我を負った事件は番組内で次第に存在感を増し、本日(5月13日)はついにトップニュースに昇格した。

目的はわからない

   大村正樹リポーターは「非常に不自然」「謎めいている」と繰り返す。とにかくリポーターの言葉にも、なぞ、ナゾ、謎(という単語)が極端に増えている。

   約15時間も現場に滞在し、食事を取ったようなフシがあったり、3人を襲った凶器が異なったりするのも不思議だ。3男に言ったという「やること」とは何なのか。警察が屋内で目撃した不審な男はどこに行ったのか――。

   3男の言動が一部報道で不自然な取り上げ方をされ、犯人と疑われた3男や親族は傷ついている――と大村は言いつつ、「あらためて考えると、2人が早い段階で殺害されたのに3男はなぜ生存していたのか、謎であります」と話を戻す。「犯人の目的は何だったのかも、謎めいているんですね」

   「ボクね、いろいろ推理をすると……」と安楽椅子の小倉智昭キャスター。曰く、犯人は和室の殺害現場を見たくない一方で、リビングに居たかったので、そこの血をぬぐったりしたのではないか。「ただ、どうやっても(犯人の)目的はわからない」と、さすがの千里眼メイ探偵も思案顔であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中