ファンモン加藤 「オヤジとお袋が大好きだ」

印刷

   3人組ヒップホップグループのファンキー・モンキー・ベイビーズ(ファンモン)のボーカル、ファンキー加藤が2009年5月12日のブログで、ファンからもらったプレゼントの処遇について紹介している。

   全国のファンから届いた手紙、色紙、似顔絵などはすべて、加藤にとっては大切な宝物だ。これまでは実家の東京八王子で保管していたが、すべては紙袋に入れられ、放置されたままだった。

   そこで、これを見かねた加藤の両親が綺麗に飾りつけてくれたのだ。加藤の父親は日曜大工で棚を作り、母親がそれを仕分けて飾る。掲載された写真によると、色紙は棚に綺麗に立てかけられ、写真がコルクボードに貼り付けられているのは、ちょっとした美術館のようだ。また、ファンレターは地域別に分けているのも、実に几帳面である。この居心地の良い部屋は、「ファンモン部屋」と名付けられた。

「マンネリ化してる熟年夫婦の絆を強めてくれたファンモン部屋(笑)。
俺はBABYSからのたくさんの愛を感じるこの部屋が大好きだし、
人の気持ちを大切にするオヤジとお袋が大好きだ」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中