新党首の民主党 浮上するのか沈むのか

印刷

   2009年度補正予算が衆議院を通過し、いつあってもおかしくない解散・総選挙を控え、代表交代という厳しい局面に立たされた民主党。

   番組は、「小沢代表の後継ぎを決める16日の代表選挙を反転攻勢のチャンスに変えられるのか」という視点で取り上げた。

寄り合い所帯の結束

   違法献金問題を巡り小沢代表の辞任を求める意見が強まっていたにもかかわらず、「なぜ党内で辞任を求める声は大きくならなかったのか」(国谷キャスター)との疑問から。

   NHKの政治部野党キャップ、藤田一宏が次のように答えた。

「小沢氏の実績と存在感が指摘できる。07年の参院選で逆転を果たした選挙手腕に党全体が頼ってきたし、寄り合い所帯と言われた民主党が結束を保ってこれたのは、小沢代表の存在が大きい」

   民主党には、かつての自由党系、社会党系、さきがけ系など9つのグループの寄り合い所帯。それをまとめたのが06年党首になった小沢代表だった。また、07年の参院選ではそれまで弱かった地方の農村部をまわって支持を拡大し政権交代への足掛かりを築いた。

   結局、その実績が選挙に強い小沢代表への依存となり、党内で辞任の声が広がらなかった背景にあると番組は指摘する。

   もっとも、師匠である田中角栄時代以来、カネにまつわるスキャンダルで辞任していった自民党議員を見てきた小沢代表が、いつまでもポストに固執できると思っていたかどうかは疑問。

   小沢代表は口の重い東北人の典型、辞めるタイミングをはかるために表に出さなかったのかも……。

   国谷キャスターは「結果的に、(辞任の)背中を押したのは何でしょう?」と。

   これに藤田は「09年度補正が通過し、いつ解散があってもおかしくない時期。代表を交代して選挙に向けた態勢を整えるには一定の時間が必要で、辞めるとすれば、GW連休明けのこの時期以外にないと判断したのだと思う」と。

「院政」批判しやすい

   さて、民主党議員にとって政権交代ができる民主党の新たな顔を選ぶ選挙が2日後に迫っている。クリーンなイメージの岡田か、結束が期待される鳩山か?

   藤田によると次の通りだ。

「鳩山氏自らのグループに加え、小沢氏に近い議員や旧社会党系グループで支持する議員が多いし参議院議員でも増えている。一方、岡田氏は中堅・若手に待望論が出ている」

   「帯に短し、襷に長し」といったところか。では、自民党の見方は?

   NHK政治部与党キャップの山下毅は「自民党内には岡田氏の方が手ごわいという見方が多い。鳩山氏は、小沢さんの影響が色濃く残り院政を批判しやすいとみている」という。

   ただ、自民党の菅義偉選対副委員長は次のようなコメントを。「政権運営するのは厳しい。自分の代表1人にさえ自浄作用能力が働かない政党ですから、新しい代表に誰がなっても同じだ」。

   選挙を待つことなく早くも戦闘ムード?

モンブラン

   *NHKクローズアップ現代(2009年5月13日放送)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中