カラテカ矢部 レーシック手術やめた意外な理由

印刷

   お笑いコンビ、カラテカの矢部太郎が2009年5月17日のブログで、レーシック手術をやめることになったエピソードを書いている。

   矢部は目が悪く、メガネ・コンタクトを使用している。だが、周囲からレーシック手術がいいという評判を聞き、自分も手術を受けることにした。そして、手術までのコンタクトを1箱買うため、馴染みの眼科に行った。

   医師にレーシック手術を受けることを告げると、残念そうに

「矢部さんの検査するのもこれが最後ですね」

受付の人にも、

「これが、最後のおつりですね」

と言われた。その眼科は、医師や看護師も「気持ちよい人ばかり」で、矢部も気に入っていた。今後は通わなくなると考えると、辛くなってしまったようで、

「レーシックによる視力回復で取り戻せるものよりも
もっとなにかを失うんじゃないかという気持ちになったんです」

   結局手術はやめることに。その後、また以前と同じように3か月のコンタクトを買いに行くと、受付の人に「えー、やめちゃったの?」と笑われてしまったとのことだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中