「感染」で学校が謝罪 赤江「悪い事した訳でもないのに...」

印刷

   <テレビウォッチ> 東京と川崎で女子高生2人の新型インフルエンザ感染が、昨夜(5月20日)確認された。首都圏では初めてだが、2人は川崎の高校の同級生で、ニューヨークから19日に帰国、旅先でも同室だった。

日本の住宅事情では...

   模擬国連に同校から生徒6人、教師1人で参加していたうちの2人で、既に機内でも発熱など不調を訴えていたが、検疫で陰性だったために、そのままリムジン、私鉄などを利用して帰宅していた。

   赤江珠緒が、「ついに首都圏でも感染者が出ました。学校が謝罪してましたが、悪い事した訳でもないのに......」

   鳥越俊太郎は、「関西と違って、今回は感染経路がはっきりしている。ただ、空港から家まで、マスクをしていたとはいえ、リムジンや私鉄を乗り継いでますから、知らないうちに感染が広がってる可能性もある」

   「触ったりもしますからね」と小木逸平。

   サーモグラフィーにもひっかかって、すでに症状らしいものが出ている2人を、簡易検査で陰性だからと、そのまま通しちゃった方もどうか。神戸では医療施設が追いつかず、一般診療所や自宅での療養へというところまできているが、水際対策までが緩んでしまっては困る。

   これで、遠からず首都圏も感染拡大が予想される。さてそこで、家族が感染して自宅で療養となったとき、どうするか。

   中原英臣は、◆家の中でも隔離(部屋は別)◆食事も別◆食器は熱湯消毒◆洗面所のタオルなどは別に◆さらに、症状がなくなったあと2日間は隔離状態におく、という。感染に注意する場所は、トイレ、食卓、浴室。

   また、ウイルスは高温と湿気に弱いので、エアコンは22度以上、加湿器が有効だという。「これが秋口だと大変だったが、これから暑くなるから、しばらく小康状態になるでしょう」

   やくみつるは、「現実的には加湿器がいちばんかな」

   吉永みち子は、「日本の住宅事情では、隔離といってもねぇ」

   中原は、「患者が自分で、人にうつさないよう気をつける。かかった人がマスクをする。それから、おかしいと思ってもいきなり病院にはいかないこと」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中