2018年 7月 19日 (木)

「日本インフルエンザ」に「名称変更」 マスク着用映像「世界」がびっくり?

印刷

   <テレビウォッチ>新型インフルエンザとマスク狂想曲がついに首都圏にも上陸。スタジオでは小倉智昭キャスターが「騒ぎすぎ」を皮肉るという、やや見飽きた番組の日常風景が展開されていた。そんななか、オドロキの新情報をもたらしたのはコメンテイターの諸星裕・桜美林大学大学院教授である。

   「ボク、アメリカのいろんな友だちから毎日ようにEメールが来てますけど、アメリカ人はこのインフルエンザの名前を『日本インフルエンザ』に変えた、ってんですよ」

   これはデーブ・スペクターが好みそうなアメリカンジョーク――と思いきや、キョージュの表情はあくまで真剣である。曰く、最初はメキシコ風邪と呼んでいたが、中国でメキシコ人がいじめられるので、やめた。豚インフルエンザも豚の風評被害を生む。H1N1では何のことだかわからない。そこで――。

   「日本では新型インフルエンザって言ってますけど、世界では『日本インフルエンザ』(Japan flu)。日本の映像が世界中に流れてる。マスクをしてる。日本だけですよ」

   ところでJapan fluなる言葉はネット新聞等の見出しで数例確認できる。なお本文を読めば「swine flu infections in Japan」の短縮形として使われてると知れる。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中