「世襲」擁護のTV解説員 みのもんたが反論

印刷

   <テレビウォッチ>国会議員の世襲制限問題。自民党が次の総選挙から世襲制限を適用する方向で動き出した。

徳川300年...

   番組は、この自民党の事態急変を取り上げたが、そもそもなぜ制限するのかというコメンテーターの疑問に、司会のみのが珍しく反論を......

   事態急変の発端は5月21日開いた自民党の党改革実行本部の会合。国会議員の世襲制限について5月中にまとめる改革案に明記 することを確認したことから。

   世襲制限の自民党案は『新人について国会議員の親族が同一選挙区から連続して立候補することを禁ずる』というもので民主党案とほぼ同じ。

   自民党で世襲制限を主張し続けている菅義偉・選対副委員長は、次の総選挙で争点になりそうなのを見越して「(世襲制限で)自民党が再生できる1つのエネルギーになる」と。

   党内には次の総選挙から世襲制限を適用する声も強く、その場合は、立候補(神奈川11区)を表明している小泉元首相の次男、進次郎(28)の公認が見送られる可能性が出てきた。

   もっともこれには、公認はしないが自民党としては対抗馬も出さない。無所属で当選すれば後で追加公認する、など抜け穴が指摘されている。

   スタジオでは、まずみのが「どう考えますか?」と。これにTBS解説委員の吉川美代子が世襲制限に反対意見を。

   「世襲議員の優秀な人をかなり知っている。お父さんより息子さんの方が優秀な人もいる。親の七光りで地盤とか集金マシンとか後援会まで引き継いで有利になるという点があるんでしょうが、(有権者には)息子だから入れる方もいるが、入れない人もいる」

   予想外の答えと思ったのか、みのは「浅野(史郎、前宮城県知事)さん、根底にあるのは何ですか?」と。

   ところが、意見を求められた浅野も「ボクも(制限は)やり過ぎだと思っているんですよ」と制限反対。

   腑に落ちないみのは「ただ、あれでしょうね」と次のような反論を。

   「親父の名声とか地位とか地盤、カンバン、集めた資金。まったくそのまま引き継げるというのは、そういうのを持っていない人にとっては大変なハンディキャップになるよね~。公平なスタートラインに立つことが大事と思う」

   しかし、浅野も負けじと...

   「制度的にお金に税金がかからず引き継がれるのは問題だが、お父ちゃんの名声は子供に責任はない。世襲制限が選挙の争点というのは違和感がある」

   最後にみのは「世襲は世襲でも、徳川300年続いたわけですからね~」と、わけのわからないセリフで終わりにした。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中