2020年 7月 4日 (土)

小説「おはん」の舞台 大正ロマン残す駅

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   全国各地に残る現役の古い木造駅舎にスポットを当てる番組「にっぽん木造駅舎の旅」。今回は、山口県岩国市にあるJR西日本・岩徳線「西岩国駅」を紹介する。

   1929年に開業した西岩国駅の駅舎は、5連のアーチを持つ玄関が特徴的。大正ロマンの雰囲気を色濃く残す西洋風の建物は、宇野千代の小説「おはん」の舞台にもなった。

   番組では、町のシンボルとして市民に親しまれ続ける「西岩国駅」の旅情を伝える。

にっぽん木造駅舎の旅

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中