「としおを助けて」 しょこたん、クリオネを心配

印刷

   「しょこたん」こと中川翔子が2009年5月24日のブログで、飼育中のクリオネを心配する様子を綴っている。

   クリオネは、北海道沿岸のオホーツク海などに生息する巻き貝の一種で、極寒の海を透明な身体で漂う様子から「流氷の妖精」とも呼ばれる。中川は2月末から飼育を始め、現在は専用冷蔵庫で複数匹の面倒を見ている。

   ところがこの日、最も可愛がっていた「としお」の様子がおかしいことに気付いた。泳ぎに力がなく、頭部が少し割れてしまったという。

「としお あんたいつもだれよりも元気なおよぎかただったじゃない どうしたの」

と心配。朝になって確認すると、頭部は元に戻ったものの、依然として他のクリオネよりゆっくり泳いでいるとのことだ。

「かみさま としおを助けて」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中