お金持ちと「ケータイなし名刺なし」 資産家夫婦放火殺人

印刷

   <テレビウォッチ>板橋の資産家夫婦放火殺人事件では、犯人探しもさることながら、被害者の「資産家(生活)ぶり」がフィーチュアされている。

仕事できないじゃないか、と…

   昨日(5月26日)の番組では、自分の土地だけを歩いて板橋(の自宅)から池袋の駅まで行ける「超資産家」との情報が紹介されたが、本日も番組の独自取材なのか、他のメディアのものか、いまひとつ判然としない多種多様なエピソードが流れた。

   家には「千両箱」があり、そこに「3000万円入れようとしたが、さすがに入らなかった」などと被害者(夫)が語った(らしい)話、1000万円の毛皮を買った等々。なかには、クレジットカードやケータイを持ってなかった、など「超資産家」との結びつきが不明なものも。

   と、そこで「(ケータイがないと)仕事できないじゃないか、と思う方もいるかもしれません」と解説する笠井信輔アナ。つまりは、ケータイがないのは、仕事しなくても大丈夫な金持ちの証だったのである。

   80ほどの物件の賃料収入のほかに、夫はほとんど仕事はしていなかった。ただ、初対面の人に名刺交換を求められると、いつも「名刺はいま切らしている」と言って、仕事をしてないことを伏せていたという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中