久米宏の神通力 「ジ・エンド」なのか

印刷

「クメピポ!絶対あいたい1001人」(TBS) 2009年5月20日 22時~

   前の番組がコケたので、久米宏の神通力もジ・エンドかと思って見始めたら、案外面白かった。司会陣は久米宏、ベッキー、八木亜希子、千原ジュニアで、本日のゲストは綾瀬はるか。この土曜日に始まる同局の木村拓哉ドラマ「MR.BRAIN」の前宣伝ミエミエの綾瀬の登場だったが、彼女の自然さで嫌味にならなかった。
   「MR.BRAIN」の撮影現場に密着して木村の綾瀬評などを喋らせたのは予想通り。千原が綾瀬ファンで、隣に座ってでれでれで、お笑い系異形の千原ジュニアにしては突込みが鈍い。広島出身の綾瀬に広島弁で答えさせたりのご愛嬌程度である。たった24年しか人間をやっていない綾瀬はるかちゃんに、たいした歴史があるはずもなく、友人のオーディションについて行って、自分が受かってしまったのが芸能界入りの顛末だったと明かされたくらいだった。
   後半の方が見所があり、売り出し中のメイクアップ技術者JIROの密着がよかった。33歳の彼は東京藝大卒、ハリウッドにも修業に出かけたキャリアがあり、スタジオでは、30代の青年を老人に変身させて登場させた。モデルの顔からマスクを録り、何工程も経て、最後は特殊な接着剤でフィルムを顔に貼り付けてゆく。毛穴や無精ひげまでつけて超リアルな老いの顔が出来る。昔、ハリウッド映画の裏側のドキュメントで、精巧な老人メイクの現場を見たことがあったが、遅まきながら日本にもプロの細工師が出てきたのである。

(黄蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中