首相「話作られても困る」 厚労省分割騒ぎ「悪い」のは誰?

印刷

   <テレビウォッチ>晴天の霹靂のごとく現れて、驟雨のように去っていった厚生労働省の分割案。分割の検討を「指示」したとされる麻生首相は「(分割に)こだわってない。話を作られると困る」。思いつきでちょっと口にしてみたら、マスコミに大げさに書き立てられ、捏造されたと言いたいらしい。

言ったでしょ

   スタジオでは、この麻生発言と分割「迷走劇」に批判の声が相次いだ。司会の小倉智昭は「何考えてんだろう」と不快感をあらわにし、コメンテイターで経営コンサルタントの小笹芳央は「(話の)出方が唐突だった。選挙前だからいろいろな思惑があってやってるんだろうと」。

   「作られちゃ困るって言うけど、麻生さんはもうちょっと責任を持って発言してほしいですね」とシャンソン歌手の佐々木秀実。

   「オレはそんなこと言ってない、なんて言われてもね。言ったでしょって」。苦笑混じりのオグラの口調は、失敗を繰り返すダメな部下を諭すかのようだった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中