新型インフル関連「勝利宣言」 出したのはコノ人

印刷

   <テレビウォッチ>「テレビも新聞も、先週末まではインフルエンザ一色の感がありました……」とオープニングトークの口火を切った司会の小倉智昭。

どう考えても…

   すっかり縮小した報道のなかで、神戸市ではインフルエンザ「安心宣言」を出したことが小さく伝えられた。ただ、8月までの宿泊や宴会のキャンセルなどが8万4000件に上るなど、経済的損失は大きいようだ。

   「ボクはインフルエンザ報道の当初から、ちょっと騒ぎすぎではないかという姿勢をひとり貫いてきました」と唯一無二の慧眼ぶりをアピールするオグラ。ボンクラな視聴者からは「オグラは国民の安全を軽視してる」などの厳しいご意見も寄せられたそうだが、「いまになっても、どう考えても……国の見方は甘かった」とオグラの勝利宣言。

   国の「騒ぎすぎ」によって、大きな経済的損失が出てしまったとオグラは考えている。舛添厚労相も近頃ぱったり見なくなった。厚労相、政府からも「安心宣言」を出したらどうか、オグラは高らかに訴えていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中