2020年 12月 3日 (木)

20歳の校長がしかける 成績「飛躍的に向上」する法

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   夢に向かって奮闘するアジアの若者を見つめるドキュメンタリー番組「アジアンスマイル」。今回は、モンゴルの首都ウランバートルにある私立学校の若き校長にスポットを当てる。

   今(2009)年20歳になるエンフタイバン・エンフプレブが校長を務めるエレクトロン・ボーイ学校。複数の科目を1つの授業に盛り込む革新的な教育法で、勉強が遅れがちな生徒の成績を飛躍的に向上させ、話題を呼んでいる。

   番組では、自分より一回りも二回りも年上の大人たちと同等に渡り歩き、教育に情熱を燃やすエンフプレブの仕事ぶりを紹介する。

アジアンスマイル

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中