行方不明男女、遺体で発見 「部下を逮捕」でみのの疑問

印刷

   <テレビウォッチ>鳥取・米子市の会計事務所社長(82)と同居女性(73)が2月から行方不明になっていたが、きのう(6月3日)遺体でみつかった。死体遺棄の容疑で逮捕されたのは事務所の役員(54)で、多額の現金を奪っていた。

2月から行方不明なのに

   社長は、市内に5階建てのビルを持ち、税理士、不動産鑑定士、生命保険の代理店、商工会議所の相談役など幅広い活動をしていたが、高齢でもあり、業務の方はこの役員が実質切り盛りしていたという。

   役員の男は、税理士名義の口座から現金千数百万円を引き出すのを、ATMの画像から割り出された。遺体はビル屋上で女性が、5階の空き部屋から税理士がみつかった。

   現地山陰放送の記者にみのもんたが聞く。

   「2月から行方不明なのに、発見されたのは何かあったんですか?」

   記者は「捜査が行われていたのかはよく分からないのですが」と何とも頼りない。「ATMの防犯カメラに写っていたため、事情聴取したということです」

   「女性がいますね」

   「夫婦ではないのですが、一緒に暮らしていました」

   スタジオに戻ってみのが、「捜査はこれからでしょうが、お金目当てですかね」

   高木美也子は「役員の方なら、内容もわかっていたでしょうからね」

   みのは「ATMはカメラがついていることくらい分かりそうなものですが」

   柴田秀一が、「時間がかかると思っていたんじゃないですか」

   話はどうやらシンプルのようだ。

   みのは、「しかし2月に行方不明になってねぇ……」とつぶやいて終わったが、もう一声、「警察は何をしていたんでしょう」といってやれ。

   事件だと思わなかったのか。なんとものんびりした話だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中