遠藤憲一と「雨上がり」宮迫 その共通点と面白ドラマ

印刷

   テレビ東京の「バラエティ7」枠であるドラマ「湯けむりスナイパー」。遠藤憲一が、元殺し屋を演じ、引退後に温泉地で番頭見習いみたいことをやりながら暮らす設定だ。「逃亡者」じゃないけど、過去におびえながらさまざまな事件に出くわすことになる。ところで、遠藤憲一って雨上がり決死隊の宮迫に似てるなあ、と改めて思った。

   大変明快な設定だし、大人向けに、ガキは相手にしてません、という姿勢でつくっている。とても面白い。サスペンスのにおいも漂わせながら、人々の触れ合いを描いている。アクションも取り入れている。この間の話は、舞台となっている椿屋の宿の看板に矢がささり、その犯人は宿の女中と…てな展開だった。

   役柄だけでなく、遠藤の生き方は周りにこびへつらうものではない。スカッとした存在だ。深夜に大人がゆっくり楽しむにはとてもいいドラマだと思う。

      単純で 大人向けの 好ドラマ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中