「真面目に取り上げる話か」でバトル 「降ってきた」オタマジャクシ

印刷

   <テレビウォッチ>石川県でオタマジャクシの遺骸が大量に見つかった。約100匹のオタマジャクシは空から降ってきたと見られるが、原因は不明。

カエルが降ってきたら怪我する

   そこで、さっそく阿部祐二リポーターがこのミステリーを追跡したが、犯人の目星はつかずじまい。番組の放送時間が拡大(2時間→2時間半へ)した影響からか、放送内容に重複が多くダラダラとしまらないという、かつての悪癖が復活している。

   スタジオでは「これ、全国放送で真面目に取り上げることなんですか?」と弁護士の八代英輝がうんざり顔。テリー伊藤にいたっては、「阿部さん、ほかに取材なかったんですか」と言い放って、「なんてことを……」と阿部を絶句させる。

   司会の加藤浩次がひとり「これは真面目にやらなきゃダメでしょう」「カエルが降ってきたら怪我しますよ」と力説していた。

   と、阿部も気を取り直して、「真面目にやります」と、テッテ-的に謎を解明することを誓ったのだった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中