橋下府知事「霞ヶ関はやりたい放題」 民主支持もありうる?

印刷

   <テレビウォッチ>橋下大阪府知事の「ぼったくりバー」発言で一躍注目の的になった国の直轄事業の地方負担金。国交省が渋々だした明細で問題点が続々と出てきている。その橋下知事がナマで語った。

統一はできない?

   大阪はいま、15人がかかりきりで点検の最中だが、これまでに分かっただけでも、退職手当の7600万円など「こんなものまで?」「なんで?」というのが続出。

   たとえば、三重、奈良、京都にまたがる木津川上流河川事務所の敷地借地料や、滋賀県にある琵琶湖河川事務所と大戸川ダム工事事務所の営繕・借地料まで大阪が払っていた。しかも額が一番多い。

   近畿地方整備局は、「上流で対応するから下流の治水効果があがる。その負担」だという。

   あきれるのは、茨城県の筑波にある国土技術政策総合研究所の人件費など。なぜか大阪が1500万円。これには「行政向けの政策・技術支援が直轄事業に関係するから、経費の一部を負担」という。つまり47都道府県全部に請求しているらしい。

   全国知事会から起こった批判の声に金子国交相は6月2日、「退職金や年金負担などは見直す」といったが、知事会も「見直しではなく廃止すべき」という声がある(京都、埼玉など)一方で、「事業がまだ残っている」「遅れているところには必要」(島根、宮崎など)という声もある。

   こうした実情もふまえて橋下知事が口を開いた。

   みのもんた「過去の知事さんはどう思ってますかね」

   橋下知事「みな払ってた。今回、払わないといっていた新潟が払うことになった。国が予算止めるぞといったら地方は終わりなんですよ。これを変えるのが地方分権」

   みの「脅しですね……県によって意見が違うが、統一はできない?」

   橋下「統一はしてるんですが、霞ヶ関が地方の実情に応じて、うまいことくさびを打ち込んでくる。しかし国の権限を縮小して、お金と権限を渡してくれたら、地方はきちっとやりますよ」

   みの「金子国交相が、退職金などを見直すといってる」

   橋下「やっとそこまできた。でもこれで終わらせたら日本はダメになる。地方が中央をチェックするようにならないと、無駄遣いはとまらない」

   みの「国会議員が動くべきでは?」

   橋下「国会議員は手が回らない。ボクらは口を出せないから、霞ヶ関はやりたい放題。これを変えないと日本の将来はない。次の選挙で変えるしかない」

   杉尾秀哉が、「こないだ自民党の勉強会で、このままいったら自民党は負けるといいましたね」

   橋下「民主党がかなりのものを出していますからね。他の政策は余り差がないと思うので、地方分権で判断したい」

   杉尾「民主支持もあるうる?」

   橋下「マニフェスト次第です。日本の将来がかかってますから、選挙にいって変えたい」

   みの「知事に就任したとき、府職員といろいろありましたが、いまは?」

   橋下「よくやってくれてます。だからたまにはぼったくりバーへ連れていこうかと……」(爆笑)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中