2018年 5月 28日 (月)

堤下敦 「開けた瞬間にびっくりしました」

印刷

   <テレビウォッチ>お笑いコンビ・インパルスの堤下敦がブログで、手作りハンバーグの顛末をおもしろおかしく紹介している。

   2009年6月9日の記事によると、このところ、仕事以外では外出することが少ないという堤下。家でテレビを見たり、本を読んだりして過ごしている。また、料理もしている。

   この日は、ちょっと凝ったものを作ろうと意気込み、「大好きな」ハンバーグを思い立った。それも煮込みハンバーグ。ハンバーグの生地を作って焼き、アルミホイルに野菜と一緒につつみ、オーブンに入れた。ご飯も炊けたし、味噌汁もできあがった後は、焼き上がる時間を待つだけだ。

   そして、出来上がったアルミホイルをほどいたところ……「開けた瞬間にびっくりしました」。というのも、煮込みハンバーグの中にソースを入れるのを忘れ、まったく焦げてしまったのだ。「失敗しました」。

   とはいえ、ハンバーグがどうしても食べたかったので、近所のお店に食べに行ったそうだ。「悲しかったです」とぽつりともらす言葉には実感がこもっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中