紳助番組は面白いか 国民のホンネは?

印刷

「ホンネの殿堂!! 紳助にはわかるまいっ」(フジテレビ) 2009年6月5日 19時57分~

   「クイズ!ヘキサゴンII」同様、島田紳助によるタレントバカ騒ぎ番組のひとつ。日本国民のホンネに迫るなどと言ってはいるが、ようするに紳助の息のかかった連中を中心にした内輪ぶっちゃけトークが主流だ。いまひとつ盛り上がらなかった「一攫千金!日本ルー列島」を改題し、再スタートしたかたちになっている。
   この日の出演者もTBSの「オールスター感謝祭」で長年コンビを組んでいる島崎和歌子や、「ヘキサゴン」チームからFUJIWARAの藤本と原西、misono、小島よしおなど身内で固めていた。FUJIWARAの藤本は最近、木下優樹菜とのデートが写真週刊誌に撮られたばかりということで、早速、紳助の餌食に。「最近、恋を語るねんこいつ」とか「発表せえや」などと紳助にいたぶられた藤本はカメラの前で「チョリース!」と優樹菜流の挨拶を。
   紳助によるこの手の番組を面白いと思っている人がそれほどいるとは思えないのだが、「行列~」「ヘキサゴン」と2つのヒット番組を生み出した紳助に任せておけばなんとかしてくれるとでも思っているのか、あるいは他に代案がないのか。いずれにせよ、紳助に丸投げしており、結果的にどの番組も似たようなものになってしまっている。紳助をのさばらせているうちは日本のバラエティ番組に未来はないと思う。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中