2018年 7月 21日 (土)

「死刑にしてくれ」は反省か 江東区女性バラバラ殺人

印刷

   <テレビウォッチ> 江東区マンション内で起きた女性バラバラ殺人事件では、控訴審がはじまり、あらためて被告が「死刑」になるかどうかが注目されている。

そこが大きなポイント

   これまでの裁判では、いくつかの謎が明らかになった。たとえば、女性の行方不明後に被告の自宅を調べた捜査員は、被告のブラフに引っかかって遺体を見逃したことが判明した。

   もっとも、これはこの番組で取り上げられたことではない。スタジオではテリー伊藤がいかにも犯人心理読心家らしいコメントをしていた。テリーによれば、ポイントは2つだ。

   その1。「被告は、殺人を楽しんでますね。そこが大きい」

   その2。「彼が死刑にしてくれと言ってるのは、反省してるわけじゃなくて、面倒くさいんですよ。全部、自分勝手。自分でリセットしたい。まったく反省してない。そこが大きなポイントですね」

   なお、テリーが裁判などを通じて明らかにされた情報をどこまでふまえた上でコメントしているのかは謎だ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中