広島・前田健太 6回裏、悪夢の「15失点」にも…

印刷

   広島カープの若手投手・前田健太が、2009年6月11日の千葉ロッテ戦で「2対23」の圧倒的大差で敗れたことにも、前向きにブログを更新している。

   6回裏、千葉ロッテに打者20人、12安打と猛攻され、1イニング「15点」の日本記録を更新されてしまった広島カープ。ただ前田は、次イニングのカープの攻撃でファンの「大きな声援」に感動したという。「大差はつきましたがファンのみなさんの諦めない声援、ありがとうございました!!」と感謝。「また明後日から頑張っていきましょう」と気合を入れながら締めくくっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中