「立って言って」 「た」…ナメとんのか

印刷

   <テレビウォッチ>不況の出版界で今、何が売れているか? トーハン調べ(6月2日現在)によると、1位はもちろん村上春樹の『1Q84』、3位が山崎豊子の『運命の人』。

おかしくない?

   「では2位は? 『日本人の知らない日本語』(蛇蔵&海野凪子)。これなかなか面白い本なんですって~」と、笠井アナが『得もり』で取り上げた。

   日本語学校の先生と外国人留学生が繰り広げる日本語バトルを描いたコミックエッセイ。初版6000部が発売以来4か月で22万5000部(6月15日現在)と大当たり。

   で、その中身……

   外国人留学生「先生これは?」に先生が「立って言って下さい」。すると留学生が「た」。

   留学生の誤解の仕方が面白いが、日本人が分かっているようで分からない日本語を教えてくれるのがこの本。

   「冷める」と「冷える」の違いは? 「差し支えなければ」と「恐れ入りますが」の使い方の違いは?

   本によると、答えは「冷める」が熱いものが常温になることで、「冷える」が常温のものが冷たくなること。

   「差し支えなければ…」は相手に断る余地を残した言い方。「恐れ入りますが…」は相手に対しある程度強制した言い方。

   この本を読んだという竹田圭吾(ニューズウイーク日本版編集長)は「国によって誤解の仕方が違うんですよね。その辺も面白い」。

   ただ、キャスターの小倉が「最近のウエーターは『お下げしてよろしかったですか』って平気で言うよね、おかしくない?」と疑問を投げたが、これには誰からも反応ナシ……

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中