薄毛の人に「ケビン!」 「傷ついた」コメンテイター

印刷

   <テレビウォッチ>男の薄毛を容赦なく口撃するこの番組では、今日(6月17日)も薄毛ネタが取り上げられた。

でもケビンですよ!

   「若者語」を紹介するVTR中、制服の女子(中)高生2人がスッキリ!!をテレビで見ている。ちょっと不自然な状況だがそれはさておき、「加藤浩次ってさ、じつは『ケビン』なんじゃない?」と1人。もう1人が「この人のほうが『ケビン』だよ」と指さして、2人は笑う。

   指をさされたのは、番組コメンテイターで東京大学教授のロバート・キャンベル。「ケビン」とは、ケが薄くて不ビンな状態のこと、あるいはそのような人を言う若者語だそうな。

   「大きなお世話です」「傷つきましたよ」というキャンベルは、別の曜日のコメンテイター、スカ弁(髪の毛がスカスカの弁護士という意味)こと八代英輝弁護士ほどは、薄毛キャラ扱いに迎合的でなかった。

   そんななか、司会の加藤は「でもケビンですよ!」と叫び、以後しつこく「ケビン」と呼びかけるのだった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中