千秋 「ワタシのカラダ的には夏は不向き」

印刷

   <テレビウォッチ>タレントの千秋が2009年6月17日のブログで、「本気の悩み」を告白している。

   梅雨入りとなった今日この頃。千秋は「梅雨明け宣言」が今から楽しみなのだという。夏が大好きで、今から待ち遠しいからだ。だが、大きな悩みがある。「ワタシのカラダ的には夏は不向きに出来ているのです」。

   まずは、「太陽アレルギー」と名付けているほどの敏感な皮膚体質。日焼け止めをしないで直射日光に当たると必ず、皮膚が真っ赤になってしまうのだ。とはいえ、日焼け止めを塗れば、この事態は避けられる。

   ただ、もうひとつ、どうしても深刻な問題がある。それは「超!蚊に刺されやすいこと」だ。「いまんとこワタシより刺される人を周りで見たことがありません」というほど。20~30人が集まったという5月1日のバーベキューではすでに、千秋だけが蚊の標的となったのだとおどけてみせる。もっとも、以前にも似たような出来事は、何度もあったそうだ。

   そんなわけで、「蚊対策」は、死活問題。ちょうど梅雨の時期にはアース、フマキラー、キンチョーなどなど、ありとあらゆる蚊対策グッズを買い込んでいる。そうしないと、夜もおちおち寝ていられないというのだ。それほどの「ゆゆしき事態」に一言。

「どなたか、『蚊に刺されやすい体質』を『蚊に刺されにくい体質』に変える術を知りませんか?」

   なお、千秋ブログでは現在、有効な「蚊対策」の情報を募集中だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中