小倉キャスター「自民党バラバラ」 党首討論で動揺?

印刷

   <テレビウォッチ>6月17日国会で行われた麻生首相と民主党の鳩山代表の2回目の党首討論。さて、どちらに軍配がとなると、目立ったのは鳩山代表の切れのいい攻勢。

党首討論といっても…

   まず、日本郵政社長人事を巡るごたごた騒ぎについての一幕を……

   「判断できない。判断がぶれる。判断が間違える。私から見れば、あるいは国民の多くから見れば、間違った方の首を切ったのではないか……私どもが政権を獲得した時は西川社長さんにはお辞めになっていただくしかない」(鳩山代表)

   「このような状況のなかで混乱を招いているような感じはいかがなものかと思いましたので、担当大臣の辞表を受理したのであります」(麻生首相)

   この党首討論を『得もり』で取り上げた笠井アナが 「皆さんどう見ましたか?」に……

   キャスターの小倉智昭が「まー、麻生さんの旗色は悪いかな~どうしてもそう見えますよね」。

   ノンフィクション作家の岩上安身も「今回は、非常にはっきり答えが出たような気がします」と。

   続いて笠井アナが「自民党若手から(麻生降ろしの)あからさまな動きがそこ此処から出始めているのも今の永田町です」と、自民党古賀派の清水鴻一郎議員による首相信任投票呼び掛けの動きを。

   小倉が「かをりちゃん、自民党バラバラだよね」にタレントの眞鍋かをりが、次のような意見も……

   「そうですね、党首討論といっても、自民党対民主党じゃなくて、民主党対麻生さんという感じで、自民党の意見として聴いていていいんだろうかと疑問を感じます」

   首相が守勢に立つのはしょうがないとしても、理屈に合わない言い訳が目立った受け答え。支持率の急落が示すようにもはや限界か?

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中