山田優 左足テーピングの理由は「職業病」?

印刷

   <テレビウォッチ>モデルでタレントの山田優が2009年6月18日のブログに、左足に白いテーピングを施された写真をアップしている。

   理由は「外反母趾」。「最近、職業病か、普通にしててもズキズキして痛くなってきた」そうだ。「外反母趾」とは、足に合わない靴を長時間履くなどが原因で発症、親指が変形し痛みを伴う。「手術とかになったら、どうしよう」と不安がりながら病院に行った結果、診断は「このまま進行しなければ大丈夫」とのこと。これに、「良かったよ!気をつけます」と安堵した山田。「女の人はなりやすいらしいので、お気をつけて!!」とのメッセージで締めくくっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中