眞鍋かをりの党首討論感想 首相発言は「本当に自民の意見?」

印刷

   <今週のワイドショー通信簿>麻生首相と民主党・鳩山代表の第2回党首討論があった。2009年6月17日の討論について、「どっちが勝ったか」と各番組が取り上げた。

   「麻生首相『防戦一方』だったか 鳩山代表と第2回党首討論」(朝ズバ、6月18日)、「小倉キャスター『自民党バラバラ』 党首討論で動揺?」(とくダネ、6月18日)、「『討論は鳩山勝利』へ反論した 平沢勝栄が気の毒に見えた訳」(スパモニ、6月18日)などが取り上げた。

   とくダネ通信簿は、小倉智昭キャスターが「麻生さんの旗色は悪いかな」と判定したことを伝えた。また、自民党議員の中に首相信任投票を呼びかける動きも出ていることも受け、眞鍋かをりは「党首討論といっても、自民党対民主党じゃなくて、民主党対麻生さんという感じ」「自民党の意見として聴いていいんだろうか」と話した。

テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中