元妻からの「愛のムチ」? 東国原知事が反対くらう

印刷

   <1年前のワイドショー通信簿>今回は、2008年6月20日(金)のスッキリ通信簿「東国原知事『元妻』が大反対 『げんこつ条例』」を取り上げる。

   東国原英夫・宮崎県知事が6月18日、「体罰ができなくなっている」現状について記者団に語ったことが話題になった。東国原知事は「愛のムチという範囲なら殴っても罰しない、げんこつ条例というものができないか」と語った。

   スッキリ通信簿では、司会の加藤浩次が「ボクは東さんのいう意見は分かりますよ」と賛意を示したことや、東国原知事の元妻、女優のかとうかず子が「信頼関係があってのこと。条例にしなければ成り立たないなんて嫌ですよ」と反対したことを紹介した。スッキリ通信簿は、6月19日にも「東国原知事『愛のムチ』論 完全否定したあの教授」でこの問題を取り上げていた。

   東国原知事はその後、08年7月8日の定例会見で、「体罰を認めるということではなく」「問題の投げかけだった」と説明した。

テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中