テリー、しずちゃんの絵本激賞 広がる「相方との差」も指摘

印刷

   <テレビウォッチ>相方をよそにして、活動の幅を広げる南海キャンディーズ・しずちゃんが初めての絵本「すきすきどんどん」を「やまさきしずよ」名義で出版した。油絵が趣味だというやまさきが2年をかけて描き上げたという。「相方との差がついてきてるね」とテリー伊藤。

ゴッホばりだね

   スッキリ!!では、芸能コーナーのナレーションで山ちゃん(「本人」はあくまで山ちゃんの友だちと主張)が出演している縁か、南海キャンディーズがわりとよく取り上げられる傾向にある。

   絵本の内容はといえば、好きなモノをどんどん自分の体に取り込んでいく主人公の「Rちゃん」が、意外な姿に変身するんだとか。

   なかの数ページが紹介されると、「絵がうまいね。ビックリした」とテリー。本の表紙をうめつくすように描かれたひまわり畑を指して、「花畑もきれい。ゴッホばりだよね」。リップサービスも満開であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中