2018年 5月 22日 (火)

「子供の裸好き」教師 発覚前に見抜けるか

印刷

   <テレビウォッチ>元教え子の男子生徒に裸の写真を送らせた上、脅迫したとして、神奈川県の小学校教諭が逮捕された。その手口は女性を名乗って、別人の裸写真を送信。その替りに生徒の写真を送らせるというものだった。

おかしいと思った保護者も

   この手の事件では「あの熱心なセンセイが……(信じられない)」「じつはちょっとヘンだった」の関係者コメント2本立てが定番。今回も熱心で子供思い、評判のいいセンセイと思われていたウラで、ある保護者は「興奮してくると、女性言葉になった。うちの娘はずっと気持ちわるいと言っていた」

   「おかしいと思った保護者もいたようですね」。司会の加藤浩次が、新たに番組コメンテイターに加わったワタミCEOの渡邉美樹に話をふる。番組のプロフィルに従えば、居酒屋だけでなく、教育問題にも経営手腕を発揮。事件の起きた神奈川県の教育委員でもある。

   「『アイツ、ちょっとおかしい』ってのは大体わかる。それをみんなで見張っていかないと、最終的に子供は守れない」と渡邉。

   これに取材に当たった阿部祐二リポーターは敢然と反論した。「おかしいと思ったのはごく一部。こういう事件の取材していると、(おかしさに)気付かない人がほとんどなんですね」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中