日食巡り小倉智昭が総攻撃 相方アナは絶句…

印刷

   <テレビウォッチ>46年ぶりという「皆既日食」が見られるのも1か月を切った。といってもダイヤモンドリングが見られるのは屋久島など南の島に限られ、ツアーはすでに満員御礼……

ただ影を

   「で、皆既日食を諦め日本全国でみられる部分日食を」と笠井アナが『得もり』で正しい見方を伝授した。

   太陽光線を肉眼でみると、赤外線で網膜が焼ける恐れがあり、紫外線によって白内障で失明の恐れも。

   ではサングラスは? これも紫外線など完全にカットしないのでダメ。

   最適なのはと笠井アナが挙げたのが、「両方を遮断できる『日食グラス』(1480円)。10万分の1カットするんですって」。

   そして、もっと簡単な手づくりグッズとして、要らなくなったラップなどの芯の片方をアルミホイールでふさぎ、もう片方をビニール袋を切って塞ぐ。アルミに画びょうで小さな穴をあけ出来上がり。これでも十分見られるという。

   さらにもっと簡単なのは「穴のあいたクオカード。机などにかざすとアナの部分を通った光が徐々に欠けてきます」

   ところが、キャスターの小倉が「先生、それって部分日食見ているわけではない、ただ影を見ているだけ。それに雨だったら見れないよ」

   雨ならどこにいても見えないのだが、さらに小倉は「先生、さっき10万分の1カットできるって言ってたけど、逆でしょ? カットして(赤外線や紫外線は)10万分の1しか目に届かないということでしょ」と、笠井攻撃。

   度重なる指摘に笠井は絶句……

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中