東国原知事、実は都知事狙い説 総裁要求はブラフなのか

印刷

   <テレビウォッチ>自民党から衆院選への出馬を要請された東国原英夫・宮崎県知事が「次の自民党総裁」の座などの条件つきで許諾した。

そこまで考えてる?

   といっても、自民党がこの条件を呑むはずもなく、橋下大阪府知事をはじめ、出馬お断りを意味するジョークだと受け止める向きも少なくない。しかし、番組コメンテイター、テリー伊藤の考えでは、東発言のウラには別の真意があったらしいのである。

   「総理」がムリだとすれば、東国原はただの一国会議員ではなく、お山の大将になれる地方の首長を選択するのではないか――。そう考えるテリーの見立てでは「次は都知事を目指す可能性ありますね」。

   今回、わずかでも「総裁」候補と思わせたことで東国原の格は上がった。これまでなら、東国原の「都知事」も難しいと思われただろうが、それを軽く思わせる心理的効果があったそうな。

   「そこまで考えてるんですかねえ」と司会の加藤浩次は首をひねるが、いずれにせよ、コケにされた自民党にとってはマイナスの出来事だったという点で、スタジオは意見の一致を見た。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中