本村弁護士「洗脳されてる」 セブン―イレブン加盟店に喝

印刷

   <テレビウォッチ>コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパンが加盟店に弁当などの値引き(見切り)販売をさせないよう、不当な圧力をかけたとして、公取委のお咎めを受けた。

時代にそぐわない

   販売価格の決定権は、各店舗のオーナーにあることがあらためて確認されたのだが、実際に値引き販売の動きは広がっていくのか? スッキリ!!は首都圏のセブン50店に電話取材してみたという。

   すると、現在見切り販売をしている店は2店で4%。今後見切り販売を「検討中」と回答したのも、48店中わずかに6店だった。残り42人(約85%)は「する予定はない」。

   その理由としては、値引き商品に客が集中するおそれなど、「長期的に見て不安がある」から。

   スタジオでは「(廃棄は)今の時代にそぐわない」(テリー伊藤)など無難な意見が多勢のなか、本村健太郎弁護士はかなり踏み込んだコメントであった。「(値下げしない加盟店は)完全に洗脳されちゃってる」「(多様な価格設定が)正しい商売のありかた。みんなでやればこわくないと思うんだけどね」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中